刷毛の素材|塗装ドクター【株式会社 小田倉建設】

栃木県宇都宮市の外壁塗装・屋根塗装・塗り替えは審査、要求の厳しい公共事業で培った経験・技にご期待ください。

塗装ドクター栃木【株式会社 小田倉建設】最新記事

刷毛の素材
2019年 2月 8日

画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。戻るときにはブラウザの戻るボタン(←)をお使いください。

冬の中でも一際肌寒感じる時期って2月上旬だと思います。

茨城で雪を観測するのも今くらいの時期ですし、車で通勤してる方で普段スタットレスを履かない方だと朝から青ざめてしまいますね汗

この寒さを乗り切ったら暖かな春を迎えられると思って私たちも早朝の極寒にも耐えています笑

さて、今回は刷毛の種類ではなく刷毛の素材にフォーカスを当てたいと思います。

刷毛の材料は当初、きびの毛、麻、藁みご(稲の穂の芯)、棕梠の毛(ヤシの木の仲間では鞘が古くなってついている繊維状の部分)などの植物繊維で作られていました。

その後、弾力性や耐久性、含みなどに優れている獣毛が注目され主流を占めるようになります。

刷毛に利用される素材は動物の毛に限っても多種多様で、馬・羊・豚・猪・鹿など、細分すると数百種類に及ぶといわれています。

これらの原毛を組み合わせ混合比などの工夫をしながら、用途に応じて良質で使いやすい刷毛が作られます。

優れた刷毛の条件は、毛先が繊細でかつ弾力性に富み、色つやが良く、それぞれの動物の特質を備えていることなのですが、産地・年齢・環境・季節などにより微妙な変化があり、最良の条件で原毛を求めるのは容易ではありません。

ところが今日では世界的に原毛がだんだん減少傾向にあります。

そこで各刷毛メーカーはPBT・PPなど化学繊維の採用や、その科学技術の研究開発など、新しい塗料に対応した素材の開発にも積極的な努力を続けているが現状です。

次回は、刷毛の素材である原毛と特徴をご紹介します!

刷毛の素材|栃木県宇都宮市 外壁・屋根塗装 塗装ドクター栃木

外壁・屋根塗装・塗り替え 疑問、質問かんたんお問合せ

外壁・屋根の塗替えについてあんな事、こんな事ちょっと聞いてみたい。

問い合わせ後のしつこい営業が面倒だ!、そろそろ塗装の時期なのかな?など、
詳しいお客様情報は入力不要、ちょっと聞いてみたいという方向けのお問合せフォームです。
※お問い合わせ後の営業は致しませんのでお気軽にご利用ください。

1営業日以内にメールにて塗装ドクター.COM担当者より返答させていただきます。
※メール返答が届かない場合は、メールアドレス記載にに誤りが考えられますので再度お問合せください。

メールアドレス*
郵便番号*
住所*
詳しい住所は不要です。
お問合せ内容*
*は必須項目です。

外壁・屋根塗装 株式会社小田倉建設 栃木営業所 〒320-0833 栃木県宇都宮市不動前1丁目3-28

外壁・屋根塗装 株式会社小田倉建設 電話番号0120-666-786

外壁・屋根塗装 株式会社小田倉建設 メールお問い合わせ

外壁・屋根塗装 栃木県宇都宮市 塗装ドクターMENU

外壁塗装・屋根塗装 株式会社小田倉建設 〒311-4303 茨城県東茨城郡城里町石塚1365-1

栃木県宇都宮市 外壁塗装・屋根の塗替え塗装 塗装ドクター 栃木 株式会社 小田倉建設は熊本、福島、茨城の災害復興に力を入れています。

屋根・外壁塗装 宇都宮市 衝撃の0円リフォーム取扱い開始
▲0円リフォームについて質問や、ご興味がある方は当社フリーダイヤルに連絡下さい。

PAGE TOP ▲